『ダークナイト・ライジング』前編 IMAXの感想


img_1043371_31868391_0

【解説】

クリストファー・ノーラン監督による「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」に続く
シリーズ完結編。
「ダークナイト」から8年後を舞台に、ゴッサム・シティを破壊しようとする残虐な殺し
屋ベインと戦い、謎に包まれたキャット・ウーマン/セリーナ・カイルの真実を暴くブル
ース・ウェインの姿を描く。
主演のクリスチャン・ベールのほか、新キャストとしてアン・ハサウェイやノーラン監督
の前作「インセプション」にも出演したトム・ハーディ、ジョセフ・ゴードン=レビット、
マリオン・コティヤールらが参加する。

【スタッフ】
[監督] クリストファー・ノーラン
[製作] エマ・トーマス クリストファー・ノーラン チャールズ・ローベン
[製作総指揮] ベンジャミン・メルニカー マイケル・E・ウスラン ケビン・デラノイ
トーマス・タル
[キャラクター創造] ボブ・ケイン
[原案] クリストファー・ノーラン デビッド・S・ゴイヤー

【キャスト】
クリスチャン・ベール ブルース・ウェイン/バットマン
マイケル・ケイン アルフレッド
ゲイリー・オールドマン ジム・ゴードン
アン・ハサウェイ セリーナ・カイル/キャットウーマン
トム・ハーディ ベイン

【作品データ】
原題 The Dark Knight Rises
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画

( http://eiga.com/movie/56094/ 映画.comより引用 )

【第3弾予告編映像】
YouTube Preview Image

【感想】
さて、まいりますか・・・
7.28公開初日に”まずは”観てまいりました。
で、わたくしは公開中3回は観賞する所存です、はい。
しかも成田HUMAXのIMAXシアターで観ます。
IMAXシアターとは?
詳しくはgoogle先生にて調べていただくとして、ざっくり云うと、

でっかいフィルムで撮影した高解像度映画を、

そのフィルム専用の映写機で、

それ専用のとてつもなくでかいスクリーンに写して観る

ことができる劇場です。

しかし残念ながら、現在日本には純粋なシアターはありません・・・・
日本のIMAXシアターは、IMAX DIGITALシアターで、
その筋では “LIEMAX” なんて呼ばれているもの。
要は、
フィルムはダウンコンバート(2k?)したもの。
スクリーンは本物のIMAXシアターよりは幾分か小さいスクリーン・・・・。

とはいえですね、通常の劇場のスクリーンに比べたらそれはもう圧巻です。
↓こんなかんじです。
img_1043371_31868391_1

わたくし高橋の身長が169cmなので、そこから大きさは想像できるかと思います。
(スクリーン上部まで入りきれてません!)

今回が初めてのIMAX体験でした。

まず、劇場内に入ったときの感動といったらなかったですね〜。
壁一面スクリーン!
シートは通常の劇場とは違い、急勾配になった擂鉢状で多くのシートがスクリーンを見やすい位置に
なっています。
そのなかでも、IMAXプレミアムスカイシートというベスポジ、快適なシートがあります。
↓これ
img_1043371_31868391_2

まぁ、リクライニング可能で、隣との間にモノが置けるようになっていて離れてますね。
前には通路しかないので、相当映像に没頭できるんじゃないでしょうか。
わたしが到着したのが、上映ギリギリでこのシートは選べませんでした。
で、座ったのはそのプレミアムスカイシート列の通路を挟んで隣のスタンダードなシート。
↓これ
img_1043371_31868391_3
モノとしては充分ですよね?
僕は相性の悪いシートだと、1時間くらいで尻が痛くなってしまうんです(他意はございませんので)。
でも、このシートはこの長編作品(2時間45分)を観終わっても何ともないくらいわたしにはベスト!
前述したように、ギリギリの到着だったので、予告がちょうど終わったところでの着席でした。
そして本編が始まったわけですが・・・・
音スゲェ・・・・
低音がビリビリいっちゃってるくらい響いてます。
このへんは賛否が分かれるところでしょう。
で、映像・・・・・
もうね、景色です!
視界すべてに広がってます。
通常の劇場でもたまに前の方に座って”視界全部スクリーン”をやってみるのですが、
いかんせん字幕を読む時は視線をかなり移動させますので、疲れます。
それに比べてIMAXの場合はスクリーンからシートが離れてますし、映像の構造としては、
”映像の端が長い”
ということなので、視線の移動は苦ではありません。
しかも、本作はIMAXカメラで撮影したフッテージがおよそ1時間!(前作ダークナイトはおよそ30分)
プロローグは全てIMAXカメラでの撮影です!!
飛行している飛行機から飛行機にテロリスト達が移動し、その飛行機を・・・・
というシーンを空の上で繰り広げるわけですから下には地上が見えてます・・・
この臨場感たるやとてつもないです。
下手な3Dよりも没入感ありまくりで、多分わたくしずっと口が開いていたと思います。
他にもアクションシーン、空撮、様々なところでIMAXカメラが使われており、この体験だけでも
観る価値ありですね。
しかしこの解像度に合わせてCGパートは作るわけですから、レンダリング時間も相当だったでしょうね。
ただ、このクリストファー・ノーランというひとは、これ見よがしに技術を使う人ではございません。
きちんとIMAXカメラの特性を効果的に映画に生かす使い方をするので、尚更映画のクオリティーが
上がってます。
暗い場所の撮影が多いため、オリジナルのレンズも作ったとか・・・・
監督、脚本とこだわって、技術にも妥協がないこの御仁・・・・
映画はどうだったのか?
それは後編でたっぷりと・・・

スカイハイプロダクション 高橋でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

2 comments on “『ダークナイト・ライジング』前編 IMAXの感想”

  1. marimo より:

    初めまして、こんにちは。成田のIMAXはどのくらいの大きさですか?109とユナイテッドシネマのIMAXは行った事あつのですが、109、ユナイテッドにあるIMAXよりスクリーンの大きさはデカいですか?

    1. SkyHiProductions より:

      コメントありがとうございます。
      IMAXのスクリーンのサイズということですが、自分は成田しか行ったことがないです・・・
      ただ、国内では成田が最大とのことです。
      映画評論家の清水節さんもIMAXは成田に行くと決めているそうです。
      自分はこの記事も参考にしました↓
      http://d.hatena.ne.jp/gust_notch/20120526/p2

      しかし遠いですよね・・・成田・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です