家族というテーマは奥深い


当ブログにお越しいただきありがとうございます。
スカイハイプロダクション 高橋でございます。
今夜は関東地方、雪がちらつく予報も出ていて寒いです。
ここ木更津は海も近く(当社があるところは)、おそらく降らないでしょう。
山のほうは一時的に降っているかもしれません。
(この地形の豊かさがわたしはとっても好きですね。
山の幸、海の幸とおいしいものには目がないわたしは離れられません!)
で、こんな寒い夜はストーブをつけてヌクヌクと映画鑑賞がグッドです。
結婚を控えられているおふたりは、パーティーの参考になる作品を
観てみるのもいいですよね。
『ウェディング~』とか『結婚の~』みたいな直球の映画は
意外と参考にならないものが多いです。
考えてみたら当然で、ストーリーは往々にして、マリッジブルーや
周囲の反対などをどう乗り越えてふたりは結婚にいたるか、を描くのが
”結婚”という題材を扱うときの常套ですから。
それよりも”ちょっと古めのパーティーが描かれているもの”がとても参考になります。
『ゴッドファザー』なんかも度々パーティーシーンがあり、雰囲気が伝わってきます。
『007』シリーズもなにかとタキシードで着飾っているシーンがありますのでいいかも
しれません。
といった具合にわたくし自身も、映画を映像商品の参考にしております(あくまで参
考ですよw)。
観るジャンルに偏りがあるのですが、最近観た中で気付いた事が、

”いつの時代も家族というテーマは奥深いし、その時代時代の描き方がある”

ということです。
最近観たものを挙げてみます。

『フローズン・リバー』
152609_01

『息もできない』
ikimodekinai

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
m_twbb

『その土曜日、7時58分』
ì•i–¼:‚»‚Ì“y—j“ú¤7Žž58•ª

『母なる証明』
mother01

どれも家族がモチーフになっている作品です。
そしてどれも素晴らしい作品でした。
(ちょっとバイオレンス要素あり)

ここからはこの音楽を聴きながらどうぞ!
YouTube Preview Image

国、人種、時代それらが変わっただけで同じ題材で同じ切り口で作っても興味深いもの
になります。
同様に、家族が変わっただけでもそれぞれのストーリーがあり、様々な出来事を描くこ
とで充分ヒューマンドラマになります。
そうです。
その最もシンプルなものが、
プロフィールムービー
です。(ものすご~く無理矢理繋げましたよ~)

誰一人として全く同じ家族なんていません。
当たり前のことなんですが、それってすごいですよね。
どこから見ても幸せそうな家族、
どこからみても寂しそうな家族、
それでもその家族しかわからない悩みや苦悩、幸せ、楽しみ!
そんないろいろが凝縮して写真という記録をとおして振り返ってみる。
変なパロディー映像仕立てにして観てしまうにはもったいなさすぎます。

パーティー当日のゲストたちは、
おいしい料理でもうおなかもいっぱい、普段会えない友人とお酒も入って楽しいおしゃ
べりも堪能し、そろそろ”今日”のクライマックスへの用意が出来ています。
そこへおふたりのプロフィールムービーが流れ出す...。
ゲストたちの楽しそうな笑い声でムービーは進み、
ムービーのなかのおふたりが成長していくと、
笑い声は次第に洟をすする音になっていきます。
『fin』のテロップと同時に巻き起こる盛大な拍手!
そこに畳み掛けるように新婦からの母への手紙がきたら、もう・・・。

なんだか結婚式に行きたくなってしまいました(笑)

わたくしがお客様の映像を製作していて、
完成前のプレビューではほんとうに泣きそうになります。
(いや、泣いてます、ハイ)

現在製作しているものの多くは4月以降がパーティー。
暖かくなった春の結婚式。
たくさんの感動があふれるよう誠意を込めて製作してます。
All you need is love!
Sky Hi Productions プロフィールムービー

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です